Cloudshepherd利用規約

Cloudshepherd利用規約(以下「本規約」といいます。)は、Ragate株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するCloudshepherd(以下「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。本サービスをご利用される際には、ユーザーは本規約に同意し、本規約を内容とする本サービスの利用契約が成立したものとみなしますので、ご利用の前に必ずお読み下さい。また、本サービスの製品ガイドも併せてお読み下さい。

第1条(適用)

1. 本規約は、本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する当社とユーザーとの間の権利義務関係を定めることを目的とし、本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

2. 当社ウェブサイト上に本サービス利用に関するルール等の規定が存在する場合には、当該規定は、本利用規約の一部を構成するものとします。

3. 本規約の内容と、前項のルールその他の本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第2条(定義)

本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとします

(1) 「Cloudshepherd」とは、Amazon Web Services,Inc が提供するAWS(アマゾン ウェブサービス)のDynamoDB設計業務を補助するツールのことをいいます。

(2) 「本ソフトウェア」とは、本サービスの全部又は一部の機能を利用するためにダウンロードすることが必要になるソフトウェアのことをいいます。なお、別途指定がない限り、本サービスには本ソフトウェアが含まれます。

(3) 「ユーザー」とは、第3条(利用申込)に基づいて本サービスのユーザーとしての登録がなされた個人または法人を意味します。

(4)「フリープラン」とは、本サービスを無料で利用できる利用形態を意味します。

(5) 「スタータープラン」とは、本サービスを有料で利用できる利用形態の1つであり、「スタンダードプラン」及び「エンタープライズプラン」とは、異なる機能を有するプランを意味します。

(6))「スタンダードプラン」とは、本サービスを有料で利用できる利用形態の1つであり、「スタータープラン」及び「エンタープライズプラン」とは、異なる機能を有するプランを意味します。

(7) 「エンタープライズプラン」とは、本サービスを有料で利用できる利用形態の1つであり、「スタータープラン」及び「スタンダードプラン」とは、異なる機能を有するプランを意味します。

(8)「スタータープラン」、「スタンダードプラン」及び「エンタープライズプラン」を総称して「有料プラン」といいます。

(9)「DBマネージャー機能無制限」とは、DBマネージャー上で行える検索クエリーの実行を無制限に行える機能を意味します。

(10)「ワークスペース」とは、DynamoDB設計書(プロジェクト)を一元管理する場所を意味しま す。ワークスペース内での各権限等の詳細については、製品ガイドをお読みください。

(11) 「プロジェクト」とは、下書きやワークスペース内に作成した設計書を指します。プロジェクトの詳細については、製品ガイドをお読み下さい。

(12) ユーザーは、プロジェクトの操作権限とワークスペースの操作権限の2種類の権限を持ちます。各 権限の種類及び権限の内容については、製品ガイドをお読み下さい。

第3条(利用申込)

1. 本サービスの利用を希望する者(以下「利用希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録情報」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用の申込をすることができます。当社が、当社の基準に従って、利用の申込を承諾した場合に、利用契約が成立します。

2. 利用希望者は、登録情報の登録にあたっては、真実かつ正確な情報を送信するものとします。当社は、ユーザー自身が登録した登録情報を前提として、本サービスを提供いたします。登録情報の内容に虚偽、誤り又は記入漏れがあったことによりユーザーに損害が生じても、当社は一切責任を負いません。次条により登録情報の変更が生じた場合も同様とし、当社はユーザーによる本サービス利用時点において登録されている登録情報を前提として、本サービスを提供いたします。

3.未成年者が本サービスの利用を希望する場合には、法定代理人の同意(本規約への同意も含みます。)を得てから本サービスを利用してください。未成年者が本サービスの利用を開始した場合、法定代理人の同意があったものとみなします。また、利用登録の時点で未成年者であったユーザーが、成年に達して本サービスの利用をした場合、未成年者であった間の利用行為を追認したものとみなします。

4. 当社は、利用希望者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録及び再登録を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。

(1) 当社に提供した登録情報の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合。

(2) 未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合。

(3) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合。

(4) 過去当社との契約に違反した者またはその関係者であると当社が判断した場合

(5) 第10条に定める措置を受けたことがある場合

(6) その他、登録を適当でないと当社が判断した場合

第4条(登録情報の変更)

1. 本サービスを利用するにあたっては、メールアドレス及びパスワードの登録が必要となります。

2.ユーザーは、自己の責任において、本サービスに登録したメールアドレス及びパスワードを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。当社は、当該メールアドレス及びパスワードの一致を確認した場合、当該メールアドレス及びパスワードを保有するものとして登録されたユーザーが本サービスを利用したものとみなします。

第5条(認証及びパスワードの管理)

1. 本サービスを利用するにあたっては、メールアドレス及びパスワードの登録が必要となります。

2.ユーザーは、自己の責任において、本サービスに登録したメールアドレス及びパスワードを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。当社は、当該メールアドレス及びパスワードの一致を確認した場合、当該メールアドレス及びパスワードを保有するものとして登録されたユーザーが本サービスを利用したものとみなします。

3. メールアドレス又はパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は、当社に故意又は重大な過失がある場合を除き、ユーザーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。

第6条(利用プラン・オプション)

1.本サービスには、次のとおりユーザーが利用できるサービス内容等に応じた複数の利用プラン及びオプションが存在します。各プラン及びオプションの詳細は、各プランで出来る事は何でしょうか をご覧ください。

(1) 利用プラン

  • フリープラン
  • スタータープラン
  • スタンダードプラン
  • エンタープライズプラン

(2) オプション
オプションについては、有料プランに加入の場合に限り利用することが可能です。

  • DBマネージャー機能無制限

2.ユーザーは、当社ウェブサイト上での案内に従い、アップグレードに限り、ユーザーが利用する利用プランの変更を申込むことができるものとします。当社が当該申込みを承諾したときに、当該ユーザーには変更後の利用プランが適用されます。

3.本サービス上では、有料プランのダウングレードは、できません。この場合、ユーザーは契約中の利用プランの更新停止期限までに更新を停止して、フリープランにした後に、新たに有料プランを申込むことができます

4.プランの変更により、変更前のプランにおいて編集又は閲覧できた情報及びデータ等が編集又は閲覧できなくなることがあります。 詳細は、有料プランからフリープランに変更になった場合、招待したメンバーの権限はどのようになりますかをご覧ください。

第7条(権限について)

1. ユーザーは、 ワークスペース及びプロジェクトに関し、 Owner、Editor、Viewerのいずれかの権限を有します。ユーザーの有する権限により本サービスの一部の機能が制限される場合があります。 権限の詳細については、製品ガイドをお読みください。

2. 有料プランの ワークスペースの Ownerは、本規約に基づき利用料金を支払う義務を負います。

3. Ownerは、当社ウェブサイト上で当社が定める手続きを行うことにより、Ownerの変更を申込むことが可能です。当社からのOwner変更完了の通知をもってOwner変更完了とします。なお、有料プランの利用料金の未払があるとき 又はワークスペース内にOwner以外のユーザーが存在しない場合ときなど Ownerの変更ができない場合があります。 詳細は、当社ウェブサイト上のOwner変更のページをご覧ください。

第8条(契約期間)

1. フリープランについては、契約期間の定めはありません。

2. 有料プランの契約期間については、月間契約又は年間契約の2種類があり、有料プランの申込時に契約期間を選択することが可能です。

3. 本規約にて定める日時は、全て日本時間を基準としています。

第9条(利用料金及び支払方法)

1. 有料プランのワークスペースのOwnerは、本サービスの利用料金として、当社ウェブサイト上又は当社所定の申込書記載の利用料金をクレジットカード決済又は当社が別途定める方法により支払うものとします。当社は、法令により発行が義務付けられる場合を除き、利用料金について領収書等を一切発行しません。

2.当社は、当社が必要であると判断した場合、利用料金の改定を行うことができるものとします。なお、利用料金の増額の場合、当社は、利用料金を変更する旨及び変更後の利用料金並びに変更後の料金が適用される時期を本サービスのウェブサイトへの掲載その他当社が適当と判断する方法により、当該変更の相当期間前までに、ユーザーに通知します。

3. 有料プランにおいて、当社指定の方法にて利用料金の決済処理ができず、1週間が経過した場合、自動的にフリープランに移行します。この場合、当該Ownerが作成したプロジェクトに追加されたEditor及びViewerのユーザーも自動的にフリープランに移行します。当社は、フリープランに移行したことによりユーザーに損害が生じても一切の責任を負いません。

4. 当社は、Ownerが利用料金の支払を遅滞した場合、第14条に従い、サービスの停止又は解除の手続きをとる場合があります。

5.Ownerが利用料金の支払を遅滞した場合、当社の請求により、Ownerは年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。

6. 有料プランにおいてOwnerは、契約期間中の利用の有無にかかわらず、契約期間内の利用料金全額を支払うものとします。

7.有料プランの利用料金及びオプション料金については、申込時に表示される自動更新停止期限までに当社所定の方法により有料プラン又はオプションの解約の手続きをしない限り、有料プラン又はオプション利用に関する利用契約は、年間契約の場合は1年間、月間契約の場合は1か月間、自動更新されて利用料金が発生します。有料プラン及びオプション利用については中途解約することはできず、日割計算等による返金や精算はありません。また、スタータープランの契約期間中にスタンダードプラン又はエンタープライズプランにアップグレードした場合及びスタンダードプランの契約期間中にエンタープライズプランにアップグレードした場合に各プランの利用期間が重複した場合も、重複分について利用料金の返金や割引はありません。

第10条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、故意又は過失の有無にかかわらず、以下各号に該当する行為を行ってはならないものとします。

(1) 法令に違反する行為または犯罪行為に関連する行為

(2) 当社、本サービスの他のユーザーまたはその他の第三者に不利益又は損害を与える行為、又はそのおそれのある行為

(3) 公序良俗に反する行為

(4) 当社、本サービスの他のユーザーまたはその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為

(5) 本サービスのネットワークまたはシステム等に過度な負荷をかける行為

(6) 当社が提供するソフトウェアその他のシステムに対するリバースエンジニアリングその他の解析行為

(7) 本サービスの運営を妨害するおそれのある行為

(8) 当社のネットワークまたはシステム等への不正アクセス

(9) 第三者に成りすます行為

(10) ユーザーのものとして登録したメールアドレスとパスワードをユーザー以外の第三者に入力させて本サービスを利用させる行為

(11) 本サービスの他のユーザーのメールアドレスまたはパスワードを利用する行為

(12) 本サービスの他のユーザーの情報の収集

(13) 反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与をする行為。

(14) 前各号の行為を直接または間接に惹起し、または容易にする行為

(15) 前各号の行為を試みること

(16) その他、当社が不適切と判断する行為

第12条(知的財産権等)

1.プログラム、サービス提供画面、本ソフトウェア等、本サービスに関する一切の特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、不正競争防止法上の権利、その他一切の財産的若しくは人格的権利(以下「知的財産権等」といいます。)は、全て当社又はそのライセンサーに帰属します。

2.ユーザーは、本利用規約に従い、本サービスを利用することができますが、提供される本サービスに関する知的財産権等を取得するものではありません。当社は、ユーザーが本サービスの全部又は一部を、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、又は逆アセンブラ、その他本サービスを解析すること及び解析を試みることを禁止しています。

第13条(送信データの取り扱い)

1. ユーザーは、本サービスを通じてAWSに送信されたデータ(文字、数字、数式、画像を含み、これらに限りません)(以下「送信データ」といいます。)については、その必要に応じてユーザーの責任において、送信データについてバックアップを行ってください。当社は、送信データの開示及び復旧は一切行っておらず、送信データの開示及び復旧について一切の責任を負いません。また、本サービスを使用してサンプルデータを生成し、AWSにデータを送信した場合、AWSのデータが上書きされる可能性がありますが、当社は一切の責任を負いません。

2. ユーザーは、送信データについて、ユーザー自身が送信その他利用することについての適法な権利を有していること、及び送信データが第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対し表明し、保証するものとします。ユーザーが本サービス上に送信した送信データ及び送信データにより生成されたプログラムについて第三者との間で紛争が生じても当社は一切関与せず、ユーザー自身の責任と費用負担において当該第三者との間の紛争を解決するものとします。。

3. 当社は、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、送信データ及び登録情報を閲覧・利用し、または第三者へ開示する場合があります。

(1) 捜査機関、裁判所、行政機関等の公的機関からの要請があったとき

(2) 当社が法律上開示義務を負う場合

(3) ユーザー又は第三者の生命、身体、財産を保護するために必要な場合

(4) 本サービスのメンテナンスのために緊急の必要性がある場合

(5) 上記各号に準じる必要性が認められるとき

4.当社は、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、送信データ及び登録情報の全部又は一部を削除する場合があります。

(1) ユーザーの同意を得た場合

(2) ユーザーが第10条各号に該当する禁止事項を行っていると当社が判断した場合

(3) 第14条又は第15条に従い当該利用契約が終了した場合

(4) フリープランのユーザーが本サービスに2年以上ログインしなかった場合

(5) 第16条により本サービスの提供を終了した場合

(6) 上記各号に準じる必要性が認められる場合

第14条(当社による解約・アカウントの削除)

1. 当社は、ユーザーが、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、当該ユーザーについて本サービスの利用を一時的に停止し、または利用契約を解約して当該ユーザーのアカウントを削除することができるものとします。

(1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合

(2) 登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合

(3) 支払停止もしくは支払不能となり、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合

(4) 第3条第4項各号に該当する場合

(5) その他、当社が本サービスの利用またはユーザーとしての登録の継続を適当でないと判断した場合

2. 前項に従い本サービスの利用を一時的に停止した場合には本サービスの利用が一時的に制限され、本契約を解約した場合には解約日においてユーザーのアカウントは削除されるため本サービスを一切利用できなくなります。有料プランの契約期間中の停止又は解約の場合でも当該期間中の利用料金はお支払いいただくものとし、利用料金の返金は致しません。また解約にあたり、当社に対して負っている債務が有る場合は、ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行うものとします。

3. 解約後のユーザー情報の取扱いについては、第15条の規定に従うものとします。

第15条(ユーザーによる解約・アカウントの削除)

1. ユーザーは、当社ウェブサイト上での当社所定の手続の完了により、本サービスの利用契約を解約できるものとします。解約日は、ユーザーが当社ウェブサイト上での当社所定の方法により解約手続きが完了した日とします。

2. 前項に従い本サービスの利用契約を解約した場合には、解約日においてユーザーのアカウントは削除されるため本サービスを一切利用できなくなります。有料プランの契約期間中の解約の場合でも当該期間中の利用料金はお支払いいただくものとし、利用料金の返金は致しません。また解約にあたり、当社に対して負っている債務が有る場合は、ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行うものとします。

3. 解約後のユーザー情報の取扱いについては、本条の規定に従うものとします。

第16条(本サービスの内容の変更、終了)

1. 当社は、当社の都合により、本サービスの内容を変更し、または提供を終了することがあります。

2. 当社が本サービスの提供を終了する場合、当社はウェブサイト上での告知又は適宜の方法にてユーザーにあらかじめ通知するものとします。ただし、緊急の場合にはこの限りではありません。

第17条(保証の否認及び免責)

1. 本サービスは、AWS(アマゾン ウェブ サービス)のDynamoDBの設計書作成を補助するツールであり、当社は、ユーザーに対し、設計書の作成やその内容を保証するものでは無く、設計書の作成のサポートも行っておりません

2. ワークスペース及びプロジェクトのユーザーの権限については、ユーザーの責任において設定するものとし、権限の設定又は削除の不備等により本サービス上の機密情報が閲覧可能な状態に置かれても当社は一切の責任を負わないものとします。

3. 当社は、本サービスがユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、ユーザーによる本サービスの利用がユーザーに適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、継続的に利用できること、及び不具合が生じないことについて、明示又は黙示を問わず何ら保証するものではありません。

4. 当社は、本サービスに関してユーザーが被った損害につき、過去12ヶ月間にユーザーが当社に支払った対価の金額を超えて賠償する責任を負わないものとし、また、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。

5. 本サービスまたは当社ウェブサイトに関連してユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、ユーザーが自己の責任によって解決するものとします。

第18条(秘密保持)

ユーザーは、本サービスに関連して当社がユーザーに対して秘密に取扱うことを求めて開示した非公知の情報について、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取扱うものとします。

第19条(ユーザー情報の取扱い)

1. 当社によるユーザーのユーザー情報の取扱いについては、別途当社プライバシーポリシーの定めによるものとし、ユーザーはこのプライバシーポリシーに従って当社がユーザーのユーザー情報を取扱うことについて同意するものとします。

2. 当社は、ユーザーが当社に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当社の裁量で、利用及び公開することができるものとし、ユーザーはこれに異議を唱えないものとします。

第20条(本規約等の変更)

当社は、当社が必要と認めた場合は、本規約を変更できるものとします。本規約を変更する場合、変更後の本規約の施行時期及び内容を当社ウェブサイト上での掲示その他の適切な方法により周知し、またはユーザーに通知します。但し、法令上ユーザーの同意が必要となるような内容の変更の場合は、当社所定の方法でユーザーの同意を得るものとします。

第21条(連絡/通知)

1. 本サービスに関する問い合わせその他ユーザーから当社に対する連絡または通知、及び本規約の変更に関する通知その他当社からユーザーに対する連絡または通知は、当社の定める方法で行うものとします。

2. 当社が登録情報に含まれるメールアドレスその他の連絡先に連絡または通知を行った場合、ユーザーは当該連絡または通知を受領したものとみなします。

第22条(サービス利用契約上の地位の譲渡等)

1. ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

2. 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第23条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第24条(準拠法及び管轄裁判所)

1. 本規約及びサービス利用契約の準拠法は日本法とします。

2. 本規約またはサービス利用契約に起因し、または関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2023年07月31日制定

Cloudshepherd Facebook

Follow us & Leave a Like

👍

Cloudshepherd X

Follow us

👏